電子書籍&セミナー動画プレゼントキャンペーン

クチコミ・エンジンの作り方をステップメールに組み込もう

bke

[記事公開日]2013/04/06
[最終更新日]2016/05/19

ダイレクト出版から「クチコミ・エンジンの作り方」という
ビジネス書が販売されました。

現在は、取扱いがなくなり、絶版状態ですが、
ヤフオクやアマゾンを見てみると、安く手に入りますので、
この記事をみて、興味があれば、手に入れてみる事をおすすめします。

この記事は、2013年に公開して、
2015年に修正していますが、クチコミ発生のメカニズムは
今でも勉強になります。

ビジネス書って、そこら辺の数万円で販売されているような
情報教材よりもはるかに勉強になりますが、
自分のビジネスに落とし込みができる方が少ないんです。

ダイレクト出版史上、もっと売れた本は
おそらく「現代広告の心理技術101」ですが、
みんなのセールスが劇的に変わったわけではありません。

本を読んで、読み切ったことへの満足感だけで
終わっているのでは・・・、と思います。

今回は、私が「クチコミ・エンジンの作り方」を読んで、
どの様な形で、自分のビジネスにプラスにするのか、
お伝えしていこうと思います。

クチコミ・エンジンの作り方のキモとは?

この本は注意点があって、タイトルだけ見て行くと
学ぶ事ができる内容はクチコミで、どう広めるのか?
という内容だと勘違いしてしまいます。

タイトルだけに、惑わされないでくださいね。

クチコミ・エンジンの作り方ではあるんですが、
クチコミの作り方も重要ですが、それ以外の部分も大きな学びがあります。

私の感じた、この本のキモはリピーターの作り方と
良い顧客の獲得の考え方です。

私が稼げている理由は、ほぼほぼリピーターさんのおかげです。

今月売れた教材の特典申請を見ていても、
新規の方って、4割くらいですし、
自社製品に至っては、ほぼほぼリピーターの方が買ってくださっています。

飲食店でもよく言われていますが、
2割の常連客が店の8割の利益を出し、8割の新規顧客が2割の利益を出す。
この、8:2の法則に似ていると思います。

8:2の法則はパレートの法則と言われています。

全体の80%の数値は、全体の20%の要素が生み出している、という法則。国家の富の80%は20%の富裕層が独占している、という統計分析が元になっている。イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレート(Vilfredo Federico Damaso Pareto)が発見した法則である。

ビジネスに安定性をもたらすなら、
リピーターを作る事が、一番重要だと思いますし、
安定した稼ぎを作るにはリピーターの力なしでは無理です。

リピーターになってくれると、
収益が安定する事はもちろんですが、
その他にもメリットがあります。

それが、リピーターさんがいいお客さんを連れてきてくれるという事です。
つまり、【クチコミ】です。

なぜクチコミを発生させると大きなメリットがあるのか?

ロバート・B.チャルディーニの影響力の武器はご覧になったことがあると思います。

情報発信で結果を出していきたいのなら、影響力を持たないといけませんから、
もし読んだことがないという場合は、こちらから手に入れておくことをおすすめします。

ロバート・B・チャルディーニ「影響力の武器」

クチコミも影響力を生む、1つの情報発信の形です。
分かりやすくお話をしていきましょう。

今からお見せする、2つを見て、どちらが信頼できるか、
良く考えてみてください。

全く同じ力を持っているAさんとBさん。

Aさんは、自分で「俺はすごいんだぞ!」言っています。

Bさんは、過去に指導したCさんという第三者が
「Bさんはすごい人だぞ!」と言っています。

さて、同じ力を持っている2人なんですが、
あなたが教えてもらうなら、AさんとBさんのどちらから学んでみたいですか?

答えは、言うまでもなくBさんですよね。
これが、上手な影響力の使い方です。

Bさんの方が影響力を持つ事ができた理由は、
Cさんという第三者をうまく使って、クチコミを発生させたことです。

第三者からの情報は、人に大きな影響を与えます。
食べログが人気な理由もここにありますからね。

クチコミを発生させる事で手に入れる事ができる
大きなメリットを知って頂く事ができたと思います。

できる事なら、クチコミを発生させて、
自分の事を多くの方に知って頂きたいですよね。

クチコミを発生させる、大前提となる
非常に重要な条件があるんですが、ご存知でしょうか?

この考え方なしでは、クチコミが起こる事はありません。
さらに、ネットビジネスの場合、この部分をおろそかにしがちです。

クチコミを発生させる大前提となる考え方とは?

ものすごく当たり前の事ですが、「良い物を提供する」という事です。

あなたが、何かを紹介したいと思う時って
単純にいいものを知ってほしいという気持ちからじゃないですか。

人は自分の想像を超える良いものに出会った時に
自分の利益など抜きにして、熱心に紹介します。

普通に考えれば、当たり前の事ですが、
「良い物を提供する」事って実は難しいんです。

グーグルであなたの欲しい情報を探したとき、
私のブログを含めて、いくつか情報が出てきたと思います。

本当に欲しい情報ってなかなかありませんよね。
思っている以上に良い物って少ないんです。

対面の場合、すぐに相手の顔色を知る事ができるので、
手抜きする事は、そんなに多くないと思いますが、
インターネットの場合、相手の表情が分かりません。

だから、適当な仕事をしたものが、どんどん出てきてしまうんです。

見てくれる方の事を考えて、良い物を提供する事が、
クチコミを発生させる大前提です。

まとめ

情報発信者なら、クチコミのメリットの大きさに驚かれると思います。

大きな結果を残している方は、クチコミを発生させ
自分への影響力を高める努力をしています。

この考えを自分の発信の中に組み込んでいくと、
地道ではありますが、コツコツと影響力を高める事ができて、
「○○と言えば、あなた」というブランドが作れます。
ちなみに、今ってFacebookをはじめとするSNSが
未だに強い人気がありますよね。

SNSでガツッと影響力を高めたいのなら、
先ほどお伝えしたような、クチコミを発生させると
一気に、その業界で有名人になる事ができます。

考え方ひとつで、大きな力を発揮します。
クチコミ・影響力は情報発信者なら常に考えるべきポイントです。

ちなみに、このメール講座でも影響力を使う工夫を取り入れています。
今すぐ参加して頂き、秘密を探ってみてください。

メール講座に参加して影響力の仕掛けを探ってみる