電子書籍&セミナー動画プレゼントキャンペーン

投資漫画インベスターZに学ぶビジネス成功の秘訣

investorz

[記事公開日]2016/05/14
[最終更新日]2016/05/18

ビジネスマンが成功するためには、
自己成長していくしか方法はありません。

毎日のようにビジネス書を読んだり、
日経新聞などを読んだりしている方も
多くいるのではないでしょうか。

ちなみに、私の場合、ビジネス書は読みますが、
新聞は一切読みませんし、取っていません。

その代わりに、漫画はめちゃくちゃ読みます。

大人気漫画のワンピース、ナルトなどの
集英社のジャンプ系列コミックはもちろんですが、
ちょっと毛色の変わった漫画も読みます。

例えば、三田紀房さんの漫画は面白いですし、
読んでいて勉強になる事が多いです。

三田紀房さんといえば、ドラゴン桜が一番有名ですが、
私のおすすめは、ドラゴン桜ではありません。

マネーの拳、エンゼルバンク、そして、
今日ご紹介するインベスターZがおすすめすぎます。

ビジネス書を読みすぎて疲れた場合や、
ビジネス書は読むの苦手だな!という場合は、
ぜひ、読んでいただきたいなと思います。

インベスターZとはどんな漫画?

こちらは、アマゾンの第一巻の情報の引用です。

お金って何だ?創立130年の超進学校・道塾学園に、トップで合格した財前孝史。入学式翌日に、財前に明かされた学園の秘密。各学年成績トップ6人のみが参加する「投資部」が存在するのだ。

彼らの使命は3000億を運用し、8%以上の利回りを生み出すこと。それゆえ日本最高水準の教育設備を誇る道塾学園は学費が無料だった!
「この世で一番エキサイティングなゲーム。人間の血が最も沸き返る究極の勝負……それは金、投資だよ。」

この引用文だけでも、
インベスターZが気になると思います。

私は投資はしませんが、相当面白かったですし、
投資の勉強ができるというよりも、
自己啓発の内容が漫画化されている感じです。

投資漫画だけあって、いろいろな投資家、
いろいろな成功企業の内容を学べます。

ちなみに、ロケット開発事業の話では、
ホリエモンこと堀江隆文さんも登場しますし、

投資の神様「ウォーレンバフェット」の言葉も
わかりやすく引用されているので、
勉強になるというよりも、気づかされることが多い!

という感じでしょうかね。

最後に、無料で試し読みができるリンクを紹介します。

インベスターZで学ぶ成功哲学とは?

先ほどもお伝えしましたが、
インベスターZは投資漫画ですが、
投資はほどほどで、成功哲学が学べます。

ビジネスマンなら大体の方が読んでいる
「思考は現実化する」「7つの習慣」「成功の9ステップ」
などの、自己啓発の内容が学べます。

上記の自己啓発本は、殴ることで、
人が怪我するほどの分厚さなので、
挫折した方も多いと思います。

私は、7つの習慣を読み終えるまでに、
実に3ヶ月以上かかりましたから。

私みたいな方や、分厚い本が読めない場合は、
ぜひ、インベスターZを読んでみてください。

ここからは、私がいいなーと思った
インベスターZの名言をご紹介していきます。

本気になるとはリスクをとる事

InvestorZ

インベスターZ3巻より

本気になるとは、リスクをとる事。
これは、まさしくそうだなと思いました。

小資本でリスクなく始められる方法から、
じっくりと取り組むべきですが、
リスクを取らないやり方はおすすめできません。

そもそも、ネットビジネスは、
リスクが少ないです。

特に、アフィリエイトの場合、
仕入れもないですし、
経費がそれほどかかりません。

ブログを開設するにしても、
無料ブログが充実しているので、
無料で始めることもできます。

ただ、ここですべて無料だと思って、
勉強代もケチると、莫大な時間がかかります。

本気で稼ぎたいのなら、10万円くらいは、
資金を使って勉強をしていくべきです。

リスクをとることができない人は、
一生今のままだと思います。

だって、起業する事自体、リスクです。

成功するか、失敗するかわかりません。

それだけのリスクを抱えて挑戦するからこそ、
大きなリターンがもらえるわけですし、
もらえて当然という事です。

何かに挑戦するのなら、リスクを取りましょう。

楽してお金を稼ぐことはいけないのことなのか?

InvestorZ02

インベスターZ4巻より

こちらは、名言というよりも考えさせられる内容です。

右側の男の人は、主人公のお父さんです。

主人公のお父さんは、お金は汚いもの。という考えで、
汗水流して稼いだお金はいやしいものだと考えています。

私は、声を大にして言いたい!

お金を稼ぐことは悪い事ではないし、
楽してお金を稼いで何が悪い。という事です。

主人公の家は、かなり立派で、
相当大きな家に住んでいます。

そんな家に住むことができるのも、
お金があるからなわけで、お金があれば、
95%以上のものは手に入ります。

「お金じゃ愛情は買えない」

なんていう人もいますが、
お金が原因で離婚したりもめたりしているのが、
多くの家庭の実情だと思いませんか。

お金があれば、精神的に余裕ができて、
争いは減ると思うんですけどね。

さらに、楽して稼ぐというのは、
肉体的に楽をするだけであって、頭を使います。

肉体労働をしていないと、楽してる!
と思われそうですが、大きな間違いで、
頭に汗をかきまくって仕組みを作っています。

なぜ日本には100年続く企業が多いのか

investorz-001

インベスターZ12巻より

日本には、100年以上経営が続く、
大企業が多いことに気付いた投資部のメンバーが
その理由を紹介していくシーンです。

個人的には、12巻は面白かったですね。

なぜ、日本の企業が成功できているのかというと、
「変えない部分」と「変える部分」を明確にし、
その姿勢を貫き通しているからです。

和菓子の老舗、虎屋の事例が出てきますが、
虎屋の商品は時代に合わせて、
味を微妙に変化させているそうです。

ちなみに、以前テレビで見たんですが、
とんこつラーメンが有名な博多一風堂も同じで、
少しずつ味を変化させて、ニーズに対応しているそうです。

そのほかの事例も12巻には豊富にあげられてます。

例えば、トヨタ自動車ですね。

トヨタ自動車の創業は、機屋です。

時代の流れに合わせて、機屋から鍛冶屋へと
今のトヨタ自動車へと変貌していきます。

トヨタ自動車の歴史は有名ですが、
他の企業も、もとは別のことをしていたり、
なかなか面白いんですよね。

ブラザー工業は家庭用ミシンから
ファックスなどの複合機や工作機械。

富士フィルムはフィルムから医療・化粧品。

ジャパネットたかたは町のカメラ店から
通販事業の会社へ。

というような感じで、
時代に合わせて正しく変化し続けることが、
ビジネスで成功する秘訣だという事です。

インベスターZのDMM編が無料公開中

インベスターZの中には、実在する人物が、
いろいろと登場します。

ホリエモンこと堀江隆文さんや、
ユーグレナ社長の出雲充さんが登場します。

今回、見つけたものは、DMM編です。

DMMは、エロの会社だと思っていましたが、
そうだったのか!と勉強になりますよ。

インベスターZのDMM編を無料で読む

たぶん、この無料編を読むだけで、
1巻から読みたくなると思います。

こちらの全巻セットがおすすめですし、
電子書籍版もありますので、読んでみてください。

 

※インベスターZの名言は随時更新します。