Facebook集客で成功する方法!メルマガ読者を増やしたりクライアントを見つけるFacebook活用術

[公開日]2017/06/06

先にお伝えしておくと、
私はFacebookを使った集客はしていません。

Facebook広告は活用していますが、
個人のアカウントは家族や友達との
完全にプライベートな投稿ばかりです。

しかし、Facebookは優れたツールなので、
正しい使い方をすれば、
メルマガ読者はどんどん増えます。

以前、Facebookを活用していた時は、
1回の投稿で20人読者が増えるなんてザラでした。

私がFacebookを使って集客するなら
こんな風に活用するというテーマで書いていきます。

というのも、最近下手くそな使い方をする
変なコンサルタントと出会ったからです。

その時の事例も含めてお話していきますね。

Facebookの驚異の利用者数

集客の基本は、すでに人が集まっている所を活用し、
自分の発信をして取り込むのがセオリーです。

今、YouTuberが話題になっていますが、
YouTubeという媒体に人が集まっているので、
彼らは楽に集客し稼げているわけです。

YouTubeという驚異の媒体がなければ、
数百万人のチャンネル登録なんて絶対に無理です。

Facebookにも同じことが言えます。

先ほど、調べてみると、日本国内の
Facebookアクティブユーザー数は、
なんと2700万人と驚異的です。

うまくFacebookを活用していく事で、
2700万人のFacebookユーザーを
お客さんにできる可能性があるわけですから。

後は、Facebookというツールを理解し、
丁寧に使っていけば、集客は可能です。

特に、個人がクライアントを見つけるには
最も適しているツールかもしれません。

私の場合、Facebookは自動化できないので
ブログを集客のメインにしていますが、
集客速度を考えると、最強クラスの集客ツールです。

Facebookにあふれる危ない奴ら

私がFacebookを積極利用しない理由は、
結構ヤバい奴らが多くいるためです。

ただ、積極的に取り組んでいるKindleと
Facebookの相性は非常にいいため、
実験のため友達申請は100%承認にしています。

そんな時にヤバい奴に出会いました!苦笑

私が出会った人はコンサルをするおじさんです。

彼の投稿を見るとビジネス書の写真とか、
カフェでパソコンを開く写真とか
意識高い系の投稿が1日1回はされています。

これは別に問題ない。
可もなく不可もなくって感じです。

あまり上手とは言えませんが、
こういう意識高い系の投稿をする人って
かなり多くいますよね。

問題はここからなんです!

先ほどもお伝えしましたが、
私は、基本Facebookを使って
ビジネスの発信をしていません。

アホな同業者と同じ目線で
見られたくないからです。

投稿している内容と言えば、
家族旅行や娘の写真くらいですからね~。

それにも関わらず、おじさんは
Facebookの投稿を見て
私に興味を持ったそうです。笑

完全にヤバい人ですよね。
1歳の娘の写真を見て興味って・・・

ようは定型文を使って片っ端から
こんな感じで声掛けをしているんです。

ネットを使っていると、
どうしても効率化を優先して
画面の先にいる「人」を意識しなくなります。

これは気を付けたい所ですよね。

物は試しだという事で、
その後、おじさんに返信をしていた所・・・

まーこちらの事はお構いなしに

  • 私のコンサル受けてみませんか?
  • カフェでお話ししませんか?
  • メルマガ読んでみませんか?

とグイグイ来るわけです。

いやいや、友達になったばかりで
あなたのこと知りません。

さらに、完全プライベートの投稿しかない
私のFacebookアカウントを見て
興味を持つような人と関わりたくありません。

私は、ビジネスをしているので、
このおじさんの気持ちもわかるんですよ。

ただ、一般の方からすれば、
完全にヤバい奴ですよね。

ここでブロックされて関係は終わりですし、
ブロック数が多くなれば
最悪、アカウントが止められます。

Facebookはコミュニケーションツール

先ほどのようなヤバい使い方する人は、
若い方にはおらず、中高齢の方に集中しています。

友達申請をして、即コンサルオファーとか
正気の沙汰とは思えませんよね?

リアルに置き換えると、
この異常性が良くわかります。

初対面で俺のコンサル受けろよ!
と言っているわけで、
頭がおかしいとしか言えません。

恋愛に置き換えると、
さらに、異常性がわかりやすいです。

初対面の人に向かって、
いきなり「結婚してください。」と
言ってるようなもんです。

そもそも、一般の人はFacebookで
友達の近況を調べていたり、
自分の近況の発信をしています。

お金稼ぎをしたくてFacebookを利用して
友達を増やしているわけではありません。

ネットビジネス実践者の活用方法は、
そもそも以上だと認識すべきです。

Facebookはコミュニケーションツールです。

インターネット上のサービスですが、
その先にいるのはロボットではなく、
生身の人間が存在しています。

中高齢の方は、この意識が低く、
ネットとリアルのバランスが取れず、
バーチャル空間だと思っちゃうんでしょう。

ネットビジネスで若い方が活躍する理由は、
ひとえに、ネット上でのバランス感覚が優れていて
上手に活用する事ができているからです。

画面の向こう側の人を意識すれば、
自然と結果は出るものです。

私が最も意識している事も、
やっぱり、画面の向こうの人ですから。

誰だ、こいつから始めよう

ここからは、もし私がFacebookを活用して
集客をするのならというお話です。

当然、ビジネスとして活用するので、
ビジネスに関する投稿をしていきます。

後は、徹底して「謎」を演出します。
私の顔がわかる写真は投稿しないです。

ちなみに、ネットビジネス実践者みたいに
いくら稼いだという下品な投稿はしません。

稼いだ投稿は「わかりやすい」反面、
反発も生みやすいですからね。

コイツはヤバい奴だと思われてしまえば、
そこでせっかく友達になった人との関係は終わり。

これはあまりにももったいないです。
私なら、もっと別の角度から凄さを演出します。

例えば、Kindleですかね。
これが一番簡単で手っ取り早いです。

ようは、Facebookを通じて、
「誰だ、こいつ!」と友達に認識してもらい、
興味を持ってもらう事から始めます。

電子書籍でも、本を書いていたら、
この人凄いなーと思いますよね。

例えば、あなたが不動産投資をしていたら
今日はこんな物件を買いました。と投稿すれば
この人凄いぞ!となるわけです。

「誰だこいつ!」から「この人スゲー!」へと
徐々に見る目が変わっていき、
Facebookの投稿でオファーをすれば集客できます。

メルマガ読者や個別コンサルの集客は、
こんな感じで積み重ねていけば、手堅いです。

以前活用していた時は、
こんな感じで一切お金を使わずに、
1回の投稿で20人以上の読者が増えたものです。

ポイントは、画面の向こうの人を意識する事。
そして、こいつスゲー!と思わせる投稿です。

下品なお金の投稿は辞めましょう。
それはスマートさに欠けます。

もっと、誰が見ても凄さがわかる
そんなスマートで影響力があって
権威性を発揮できる投稿を意識したいですね。


追伸=================

年間休日84日。
手取り給料13万円という最悪な環境。

自分の環境に絶望していた私が
ひょんなことから起業する事になる。

最悪な環境から起業した方法を
電子書籍+動画教材+メール講座で公開中!

現在も販売中の電子書籍&動画教材を
【期間限定で無料】プレゼントします!

年収が25倍になった男の起業ストーリー


\「いいね!」シェアをお願いします!/