電子書籍&セミナー動画プレゼントキャンペーン

ネットビジネスを家族から理解してもらう2つの方法

Portrait of beautiful smiling cute baby

[記事公開日]2014/07/31
[最終更新日]2016/06/07

ネットビジネスをしている自分の活動を
自分にとって身近な家族や恋人に
ぜんぜん認めてもらう事ができません。

というご相談をいただく事は、
珍しい事ではありません。

特に、セミナー後の懇親会で、
良くこの手のお話を伺います。

たいていネットビジネスに
取り組まれている方は真面目な方で、
自分のため、家族のために
がむしゃらになって頑張っています。

あなたもそうだと思います。

でも、家族のためにしている活動が、
家族から認められないのは、
あまりにも悲しすぎますよね。

今まで多くの方を指導してきましたが、
家族などの周りからの協力がないと
大きく稼ぐことはほぼ不可能です。

そこで、私の過去の経験を踏まえて、
どのように、家族に理解してもらったのか、
お話をしておこうと思います。

説明していますか?

家族の同意が得られません・・・。

と悩んでいる方が多いんですよ。

先ほどもお伝えしましたが、
これはよくご相談を頂くテーマです。

私がネットビジネスを始めた時は、
社会人になったばっかりで、
実家に住んでいました。

ネットビジネスを始めた時は、
中国輸入ビジネスをしていまして、
連日実家に段ボールが届くわけです。

稼げるようになってくると、
どんどん仕入れ量も多くなって、
段ボールが届く頻度もあがります。

仕事が終わり家に帰ってこれば、
段ボールの中の商品を検品、写真撮影をし、
部屋にこもる生活の繰り返しです。

独立した時に両親に聞いたんですが、
両親には「いけない事をしているんじゃないか?」
と思われていたそうです。

実家にいるときは心配はされましたが、
何も言われませんでしたが、
やっている事を伝えればよかったです。

「こういうことしてるんだよ!」

という事さえ伝えれば、
心配をかける事もなかったですから。

相手にしっかりと説明する事が、
もっとも重要な事です。

 

理解してもらう努力もしてくださいね。

ネットビジネスで結果を出せば、
毎月こんな事ができるようになるよ!

という未来をご家族に
提示してあげるんです。

その分、迷惑をかけるかもしれない。
でも、応援してほしい。

日ごろからコミュニケーションを
取っていれば、これだけで伝わります。

独立する時は家族会議

ネットビジネスを始めるだけなら、
それほど大きな問題になりません。

しかし、話が独立となると、
認めてもらうまでは大変です。

私が独立をしたときは、
ちょうど結婚式を挙げてから
3ヶ月後のことでした。

サラリーマンをしながら、
ネットビジネスに打ち込み続けて、
徐々に結果が出てきたんですね。

3ヶ月連続でサラリーマン時代の
5倍のお金を稼ぐことができて、
はじめて、独立を決意します。

しかし、独立する事によって、
安定した収入はなくなるので、
ご家族としては不安を感じますよね。

そこで、私の家族では会議を開き、
妻と二人で話をしました。

ダメだったら、サラリーマンに戻る事、
生活水準は今まで通りキープする事。

この2つを約束して、
独立を認めてもらい、
応援してもらいました。

一度別れそうでした

そうそう、私と妻は、
大学時代から付き合いって結婚しました。

新卒で入った会社が倒産した時に、
ネットビジネスで独立しようとしたんですね。

その時は、彼女(今の妻)に
しっかりと説明をしなかったため、
別れる寸前まで関係が悪化しました。

女性は、安定を求めるものですから、
安定させることができれば、
問題なく応援してくれます。

繰り返しになりますが、
やっぱり、相手に説明する事。

家族に理解してもらうためには、
これが最大の秘訣です。

 

家族にも還元しよう!

昨日はパソコンに触ることなく、
丸一日を過ごしました。

私の中で月に1回は
家族サービスDAYを作っていまして、
昨日は、まさにその日だったんです。

私が好き勝手自由に
ネットビジネスに打ち込めるのも
妻のおかげです。

この記事の公開日は
2014年7月31日ですが、

追記している今は、
娘も生まれて、3人家族です。

ネットビジネス以外にも、
エステサロンに挑戦する事を決めた
私も支えてくれています。

本当に妻や妻のお義母さん、
私の両親、兄には感謝しかありません。

感謝しているのなら、
言葉や物をプレゼントした方がいいです。

私の場合は、月1の家族の日は、
よく、名古屋のデパートに出かけます。

昼過ぎに松坂屋に行き、
嫁のリクエストでちょっと高めの
うなぎ屋でご飯を食べました。

(写真を取ればよかった・・・)

松坂屋などをふらふら回った後に、
名駅近くのミッドランドスクエアで
映画を見て、夕方に鴨を食べてきました。

たったのこれだけの事なんですが、
嫁が満足してくれたので
よかったかなと思っています。

かかった金額は、ご飯を食べて、
映画を見てきただけなので、
2万円もかかっていません。

ご家族から理解されていない方は、
家族にも活動で得た利益を
しっかりと還元していきましょう。

私のおすすめは家族の日を作る事です。

まとめ

自分の夢を壊す人を、
ドリームキラーというそうです。

ネットビジネスで前進したいのに、
応援してくれないのなら、
ドリームキラーだ!

なんて思うのは短絡的です。

相手に、状況を説明して、
まずは理解してもらう事が重要です。

目の前にいる家族に理解されないと、
本当に苦しいものですから。

でも、よく考えてみてください。

目の前の家族を説得できずに、
メールやブログで人の心を動かせますか?

  1. まずはしっかりと説明し、理解される努力をする
  2. 家族の日(還元する日)を作る

この2つを試してみてください。
たいてい理解してもらいます。