電子書籍&セミナー動画プレゼントキャンペーン

【追記】50万円使ってたどり着いたノートパソコンを徹底レビュー!MacかSurfaceか?

Surface Pro 4

[記事公開日]2016/03/03
[最終更新日]2016/11/10

前回の記事でもお伝えしましたが、
ネットビジネスで学んだスキルを活かして
エステサロンをオープンさせました。

前回の記事をご覧になっていない場合は、
こちらからご覧ください。

ネットビジネス起業家がサロン経営を始めた理由

まだまだ立ち上げ時期なので、
お店に行って作業をしています。

以前は車で通っていたんですが、
お店までの高速が往復で2000円、
パーキングが1700円もかかってしまいます。

この出費が毎日続くとなると、あまりにもイタイ!

お店で作業するだけで約4000円は、
さすがに痛すぎるので、
最近は高速バスを使っています。

そのため、歩く距離が増えたので、
「荷物を軽量化しよう!」という事で、
一番重たいパソコンを買い替えました。

重たいパソコンを抱えて歩くのは肩が凝る

ちなみに、今までは
「MacBook Air13インチ」を使っていました。

Macじゃないといけないというわけでもなく、
近しい方がみんなMacユーザーだったので、
私もMacという感じで、使っていました。

別にMacである理由はないという事ですね。

話を戻しまして、、、しっくりくる
パソコンに出会うまで、3台も買ったので、
そのレビューでもしていこうかなと思います。

3台も買ってしまったのは、
完全にバカだなーと思いますが、

私のようなバカな失敗をしないために、
参考にして頂ければと思います。

ちなみに、今回のポイントは以下の通りです。

  • 持ち運びに適している事(軽い、小さい)
  • メインの作業はメールチェックとメルマガの執筆、ブログの更新
  • 私がWindowsユーザー

Windowsユーザーですから、普通に考えれば、
サーフェスプロ4一択になるわけですが、

以前からMacBook Airを使っていたので、
Macも今回の選択肢に含まれています。

というわけで、実際に欲しいパソコンを
とりあえず購入してみて、
1ヵ月間使い込んでみました。

1台目に購入したMacBookのゴールド

まず、私が1台目に購入したのが、MacBookのゴールドです。

これは完全に色に惹かれました!
ゴールドがとにかくかっこいい。

MacBook-001
MacBook-002

どっかカフェで使っていたら、
ドヤッ!顔できること間違いなしの
シャープなデザインです。

何よりも軽いですし、持ち運びにもおすすめです。

一番気に入った所は、カラーリングと
Macならではの洗練されたデザインです。

外に持ち運んで使う以上、デザインも重要ですからね。

その点、MacBookのゴールドは100点満点です!
とにかく素晴らしい見た目でした。

ただ、薄くし過ぎた代償は、
私にとってはあまりにも大きかったです。

電源ポート兼用のUSB-Cポートだけでは不便

USBも刺せないほど、薄型になっているので、
接続するためには、USB-Cポート対応の
変換アダプタが必要になってきます。

セミナーでプロジェクターを使う事があるので、
純正の変換アダプタを購入しました。

(プロジェクター端子、USB端子、USB-Cポート端子)

しかし、アダプタがなんと
1万円と言う超高額なんですよね。

写真にも載せている白色のコネクタです。

USBが挿せないほど薄型になってしまっていて、
マウス多用派の私には不便だったので、
そのまま妻にプレゼントしました。

あと、キーボードの打ち心地が、
あまりよくなかったですね。

打ち心地の悪さは、薄くしすぎた代償ですね。

これは、実際に店頭に行って
確かめて頂くのが一番です。

とにかくキーボードの打ち心地に
以前のような爽快感がありません。

固いモノを叩いているような感じで、
文章を書く事が多いので、
これはいただけないポイントです。

ネットサーフィンがメインなら問題ないと思いますが。

アップルはモデルが変わるごとに、
端子も変更される点が商売上手ですが、
個人的には好きになれないですね。

2台目にたどり着いたのがMacBook Air11インチ

次に購入したのが、MacBook Air11インチです。

今まで使っていたシリーズなので、
特に違和感なく使うことができました。

・・・が!

結局、ブートキャンプでWindowsを動かすので、
Macじゃなくていいんじゃ・・・。

と思い始めたんですね。

私が使っているソフトが
Windows7対応のモノが多いので、
OSはWindows7じゃないといけません。

しかし、今回購入したMacでは、
8.1以上のOSじゃないと
ブートキャンプできない事が判明!

1週間くらいWindows7で動かせないか、
いじくりまわしましたが、あきらめました。

ネットビジネスをしている方の大半がMacです。

しかし、私と同じようにブートキャンプで
中身はWindowsって方は、
かなりの数いらっしゃるのが現状です。

どうせならこの機会に、
Windowsのノートパソコンを買って、
使い比べることにしました。

ブートキャンプがうまくいかなかった時点で、
私の気持ちはMacから離れ、
サーフェスプロ4に傾いていくのでした。

MacBook Air11インチは、母にプレゼントして
自宅に送ってしまったので、写真が撮れませんでした!

たどり着いた今の持ち運び専用マシンSurfacePro4(サーフェスプロ4)

3台目が、SurfacePro4(サーフェスプロ4)です。

SurfacePro4-001
SurfacePro4-002
SurfacePro4-003

私のメインパソコンはWindowsなので、
SurfacePro4は、とにかく使いやすいですし、
使う事でのストレスは0です。

(Windows10には多少戸惑いましたが。)

若干、Macよりも重要があって重たいですが、
問題がない程度の許容範囲内です。

おしゃれ度はMacに軍配が上がりますが、
問題ないデザインですし、
Windowsユーザーにはおすすめです。

さらに、スペック高いですからね~!

SurfacePro4は、メインパソコンにも、
そん色ないくらいの高スペックです。

スペックが高い点も、大きな特徴です。

ただ、専用のカバーを使って、
タイピングしていくため、
通常のノートパソコンよりも場所を取るのがネックですね。

ペンタブレットという事なので、
今いじっていますがなかなか面白いので、
今後まだまだ楽しめるマシンかなという印象です。

追記:SurfacePro4の使用感

実は、SurfacePro4を購入して1週間。

初期不良がある事がわかりました。
何もしていないのに、勝手に画面が
クリックされるという謎の現象です。

YouTubeで動画を見ていても、
勝手にクリックされるという・・・。

サポートに問い合わせた結果、
初期化を含めて、すべて試しましたが、
改善する事はありませんでした。

ソフト面の故障ではなく、
ハード面の故障だという事がわかり、
サポートに着払いで発送。

戻ってきたSurfacePro4は問題なく、
使う事ができています。

長い期間使ってみてわかる事は、
通常のノートパソコンの方が
使いやすいという事ですね。

SurfacePro4は、キーボード一体型の
カバーを使う事で、ノートパソコン化できます。

しかし、これが使いにくいんですよね。

そういう点を考えるのなら、
Macのノートでもよかったかな、と。

ブートキャンプの設定さえできれば、
Macのノートがベストだと思います。

まだまだあるぞ!SurfacePro4の初期不良

実は、前回初期不良で交換をしてから、
実は3回サポートに送って交換しています。

  1. 勝手にクリックされる故障
  2. ミニディスプレイポートの故障(プロジェクターにつながらず)
  3. 電源を入れても立ち上がらない

SurfacePro4は、新品に交換ではなく、
メンテナンス品に交換対応という事で、
何度も不良品をつかまされています。

ぶっちゃけ、返品できるのなら返品したいですね。

アップルのように店舗がないのも致命的で、
全て交換対応ですから、即日対応ができずに
外出時に仕事ができないという事態に。

上記でも書いていますが、サポートの質は
かなりいいので、その点のみ救いですが、
初期不良続きなのは頂けないですね。

私の引きが強すぎるのか・・・
おとなしくMacBookにしといた方が
良かったのかなーと思っています。

3台のノートパソコンを実際に使ってみて

というわけで、SurfacePro4が
今の持ち運び用のノートパソコンです。

(MacBook Air11インチは、実家の母にプレゼントしました。)

初めからもっと自分に必要な機能を選ぶべきでした。

みんなが使っているからMac!
が選択肢を狭めていて、
無駄にお金がかかる結果となりました。

結果的にプレゼントできて、
喜んでくれたので結果オーライですが。

今までは、ほぼ家にこもっていたので、
ノートパソコンを使うことはなかったです。

しかし、最近は外に出る機会が多いので、
出張や外でパソコンを使うことが多い
サラリーマンの方には、ぜひ参考にして頂きたいです。

ネットビジネスをされているのなら、
パソコンはお金を生み出す大切な商売道具です。

とことんこだわっていきましょう!