電子書籍&セミナー動画プレゼントキャンペーン

メルマガ配信システムはどこがおすすめ!?メルマガ配信スタンドを比較

mailmagazine-system

[記事公開日]2016/07/06

私が提唱する自動収益化システムを
構築していくためには、ステップメール機能を持った
メルマガ配信システムの利用が必須です。

メルマガアフィリエイトで稼ぎたい
と思っている方も、配信システムがなければ、
大きく稼ぐことはできません。

メルマガ配信システムがないと、
メーラーを開いて、毎回のように
大量のアドレスを入力する事になります。

10件のメールアドレスなら手打ちでも
問題なくこなすことができますが、
100件、100件となった場合・・・

メルマガ配信システムがないと、
まず、対応する事は不可能です。

そこで、メルマガ配信スタンドの紹介と、
どこの配信スタンドがおすすめなのか?

という事をご紹介していきます。

メルマガ配信システムで稼ぎの金額は
大きく変わってきますから、
メルマガ配信システムは慎重に選んでくださいね。

メルマガ配信システムとは?

メルマガ配信システムとは、メールマガジンを発行し、
配信ができるシステムの事の事を言います。

そのまんまですね。

メルマガ配信スタンドとも言われたりしますが、
スタンドの方が、私としてはしっくりきます。

普通のメールでは、多数の人にメールを送る場合、
Toに追加していくか、cc、bccなどに宛先を追加します。

しかし、メルマガ配信スタンドを使えば、
読者を一度登録しておけば、送信ボタンを押すだけで、
一気にメールの配信が行えます。

楽天とか、ヤフーとか、アマゾンとか。

会員になると、頻繁にメールが届きますが、
スタッフが1通1通メールを送っているのではなく、
メルマガ配信システムを使い、一括で送っています。

メルマガ会員数が増えていけば、
管理するのは困難になっていきますから、
メルマガ配信システムの導入は必須なのです。

配信スタンドを選ぶポイント

メルマガ配信システムを選ぶポイントは、
いくつかありますが、以下の内容が使えれば
好みで契約していけばOKです。

  1. ステップメール機能がある
  2. クリック測定機能がある
  3. クリック分岐機能がある
  4. 配信ドメインを選ぶことができる

この4つですかね。

私がメルマガ配信システムを選ぶポイントは
こちらの4点です。

そのほかにも、「到達率」が重要だ!
といわれていますが、正直、
どこの配信スタンドも同じだと思います。

過去に、5つの配信スタンドを利用し、
メルマガで稼ぎ続けてきましたが、
到達率はどのメルマガも対して変わりません。

ここで、メルマガの到達率についてお話します。

メルマガの到達率を高める方法

先ほどもお伝えしましたが、
各配信スタンドのどこを利用しても、
メールの到達率は対して変わりません。

私の場合、多くても2千通以下の配信数なので、
大量のメルマガ読者がいる場合は、
状況が異なってくるかと思います。

重要な事は、メルマガ配信スタンドを利用して、
どんな情報を送っていくのか?という事です。

例えば、1日に何度もつまらんメールを送ったり、
スパムワードを使ってメールを送れば、
到達率はどんどん下がっていきます。

逆に、毎回質の高いメールを送って、
しっかりと開封してもらえれば、
どんどん到達率は高まっていきます。

少なくとも、到達率が下がる事はないでしょう。

ステップメール機能がある

ステップメール機能は、どのスタンドも
備わっている事が多いのですが、
最近は、シナリオ数の上限がある場合もあります。

自動収益化システムを構築するにあたって、
シナリオ数は無制限の方がいいので、
上限があるスタンドは、まず却下ですね。

ステップメール機能の詳細は、
こちらの記事を見て頂くと分かりやすいです。

メルマガを使って放置型で稼ぐために重要な3つのポイント

クリック測定機能がある

メルマガはただ送ればいいわけではありません。

誰がいつのタイミングでクリックしたのか?
というデータまで必要です。

じゃないと、とっておきのセールス手法を
使いこなすことができませんからね。

クリック率が低下しているのなら、
その読者は配信解除してしまえば、
メルマガ配信システムの負担も減らせます。

誰がクリックしているのか?という
データは必ずこちらで集める必要があります。

クリック測定機能がない配信システムは、
はっきり言ってゴミですね。

リストマーケティングの意味を理解していないので、
まったく使う事ができません。

クリック分岐機能がある

クリック分岐機能は、その名の通りで、
クリックしてくれた方を別のシナリオに
自動で振り分ける事ができる機能です。

例えば、○○に興味がある人!という形で
クリックアンケートを行っていきます。

クリックしてくれた方には、
自動的にステップメールが配信されるので、
見込み客に合わせた情報を配信できるのです。

しかも、自動で!

配信ドメインを選ぶことができる

配信ドメインとは、メルマガ配信システムを使って
メールを送っていく際に、振り分けられる
ドメインの事を言います。

ちょっとわかりにくいと思いますが、
メルマガ配信システムを契約する際に、
ドメインを選ぶことができます。

私の場合、マイスピー(MyASP)の
ドメインは、「exp01.jp」です。

メールのURLを誰がクリックしたのか、
データとして管理していくために、
メルマガ配信スタンドでURLを短縮します。

例えば、「http://msd777.com」という
URLをメルマガで紹介した場合、

読者ごとに、「http://exp01.jp/○○」と
URLが配信ドメインに置き換わるんですね。

この配信ドメインはかなり重要なんです。

例えば、同じ配信ドメインを使っている人が
スパムメールばかり送っていた場合、
ドメインの評価は下がりますよね。

メールを受信するシステムで、このドメインは
スパムを送っている奴のメールだ!

という事で、メールが届かなくなるんです。

わかりにくかったかも知れませんが、
今から、私がおすすめするメルマガ配信システムは
すべての問題をクリアしています。

料金も他の配信システムに比べると安価です。

おすすめのメルマガ配信システム

まずは、私が過去に使ってきた
メルマガ配信システムについて紹介します。

  • アスメル
  • オートビズ
  • エキスパ(旧エキスパートメール)
  • マイスピー(MyASP)
  • パーフェクトディライツ(非公開スタンド)

ざっとこれだけのメルマガ配信システムを利用し、
実際に使ってきました。

それぞれのメルマガ配信システムの使い勝手や、
付属している機能についてみていきます。

アスメル

自動収益化システムを構築するために、
必須の機能を持っているのか?という点では、
まず、アスメルが脱落していきます。

ステップメールでは、クリック測定ができないので、
まず、アスメルは選択肢から消えます。

オートビズ

続いて、オートビズです。

オートビズは、そこそこ使い勝手が良かったんですが、
月間の配信メール数が決まっているため、
自動収益化システムを運用するには不向きです。

月間配信数がなければ、いいんですけどね。残念です。

エキスパ(旧エキスパートメール)

続いて、エキスパです。

業界の中でも大御所の七星明さんが
運営しているので、ものすごく有名です。

私も、3年くらい利用していましたが、
メルマガ配信システムの意向に伴って、
エキスパは解約しました。

その理由は、ステップメールの通数や、
シナリオ数に制限ができてしまったからです。

例えば、シナリオを増やす場合、
オプション料金がかかるようになったんですね。

複数のステップメールを組み合わせて稼ぐ
自動収益化システムには不向きなので、
残念ながら、やめざるを得なかった形です。

ただ、メルマガの到達率は一番だと思います。

マイスピー(MyASP)

マイスピー(MyASP)は今の私の
メインのメルマガ配信システムです。

豊富すぎる機能と、安価な料金プランは、
他のメルマガ配信システムを圧倒しますね。

メルマガ配信システムの契約に迷ったら、
マイスピー(MyASP)を使いましょう!

それくらい、マイスピー(MyASP)はおすすめです。

唯一、デメリットをあげるとしたら、
使いづらい、ユーザーインターフェイスです。

もっと、利用者の事を考えて、
インターフェイスを作り変えていけば、
利用者はガンガン増えると思います。

私からの紹介ならマイスピー(MyASP)を、
1ヵ月間無料で利用する事ができるので、
使ってみたいという場合は、こちらからどうぞ。

マイスピー(MyASP)を1ヶ月無料で利用する

パーフェクトディライツ(非公開スタンド)

このメルマガ配信システムは非公開のため、
誰でも利用する事ができません。

利用者の質を一定以上に保つため、
完全に非公開の配信スタンドなんです。

開発者の方が、リストマーケティングの
プロ中のプロの方なので、かゆい所まで
機能が充実しています。

このメルマガ配信システムを超えるものは、
今後も現れないかなと思いますね。

もっと資金的に余裕ができれば、
メルマガ配信システムを自社開発したいな!

と思っていますが、
現在利用できるスタンドを総合的に判断すると、
マイスピー(MyASP)一択です。

コストパフォーマンスも文句なしなので、
マイスピー(MyASP)を利用して、
自動収益化システムを構築していきましょう!