電子書籍&セミナー動画プレゼントキャンペーン

ネットビジネス起業家がエステサロン経営を始めた理由

owner

[記事公開日]2016/01/06
[最終更新日]2016/07/10

自由な生き方を求めて、ネットビジネスに
のめりこむように打ち込みました。

気が付けばネットビジネスだけでの生活も、
そろそろ4年目になります。

(たぶんそれくらいです。もしかしたら、5年目かも。)

思い返していけば、私が独立をした理由は、
それしか選択肢がなかったからです。

お金を稼ぐために、転売をスタート。

その後、情報発信を始め、
コンテンツビジネスを始めたり、
法人コンサルティングを始めました。

私の野望や成功に近づく事ができる事なら
努力を惜しまず、何でもしてきました。

今年は、新たな挑戦を始めます。

高級エステサロンの経営を始めます

12月某日、東京は銀座に行ってまして、
ネットビジネス以外の事業の視察と
今後の事業のお話しを聞いてきました。

ずばり、エステサロン事業の視察と
事業として取り組むために必要な
話を聞きに行ってきました。

何年かぶりの満員電車。
何年かぶりのスーツにネクタイ。

ギュウギュウ詰めの電車にのって、
サラリーマン時代は、こんな感じだったなーと。

でも、自分のためですし、
やらされているわけではないので、
不安を感じながらも、わくわくしてます。

ネットビジネスである程度の結果を出す事ができたので、
ある程度の自由は手にできますが、

一番重要な社会的な自由は、
ネットビジネスだけでは手に入らない!

という事が、この1年でわかりました。

ネットビジネスは、とてつもなくすごいビジネスです。

初期投資もそれほどかかりませんし、
(多くても30万円位あれば稼げます)

圧倒的にリターンが早く、
そして利益率もあり得ないほど大きいです。

他に、こんなに恵まれたビジネスはありません!

そんなすごいネットビジネスですが、
残念な事に、社会的な地位は圧倒的に低いんです。

簡単に言いますと、認められた職業ではないんです。

そんなのどうでもいいじゃん!

という方もいますが、
私の場合、認められるという事が重要なんです。

私は、認められるという事は、
社会的な自由へとつながりますし、

認められる仕事をしてはじめて、
成功した人生を送っている思えるんです。

だから、誰からも認められる
「高級エステサロン事業」を
新しく始めようと思ったわけです。

あなたのお仕事は何ですか?

仮にネットビジネスで独立したとして、
「あなたの子供、両親、彼女にどんな仕事をしているの?」
聞かれた場合、どう答えますか。

仮に社長さんたちと交流を持つ機会があり、
自己紹介をする際に、何をしている人と答えますか?

「ネットビジネスです!」と答えたとしても、
ほぼ100%相手には理解されません。

だって、怪しいと思われていますから。

あなたも、ネットビジネスと聞いても、
イメージできませんし、すごいビジネスなんですが、
認められることはないんですよね。

悲しい事ですけど。

2016年ネットビジネスは大きく変わるのか?

ネットビジネスは素晴らしいですし、
私の人生を変えてくれたものですが、

「このままずっとネットビジネスだけでいいのか?」

という事も、結構考えているんです。

さらに、ネットビジネスの未来に、
ロマンを感じる事ができません。

稼げないという事ではなくって、
明るい未来がないんです。

明るい未来が見えない原因は、
やっぱり、私の目的や目指す未来が
大きく変わったという点が大きいです。

繰り返しますが、
稼げないという事はないですよ。

月収100万円レベルなら、
毎月稼ぐ事ができるので。

今のネットビジネスのゴールって、
コミュニティ運営や、
プロダクトローンチですよね。

どこもかしこも、ローンチ連発で、
確実に行き詰まりを感じています。

同じことの繰り返しばかりで、
このサイクルの中で生きていくのか…

と感じてしまうと、どうしても明るい未来を
想像する事はできませんでした。

そこで、昨日は銀座に行ったわけです。

ウェブマーケティングを別の事業で役立てる

ネットビジネスで培った技術を使って、
全く別の事業を立ち上げます。

サラリーマンまでの時期が第1章。
そして、ネットビジネスで独立が2章。

今月から来年にかけて、
新しい挑戦を始めます。

私の野望を達成するための
第3章のスタートです。

この第3章は、ネットビジネスで稼ぎ、
自動収益化システムを構築した後の、
新しい生き方をお伝えしていきたいなと思います。

そうですね~。

ただの個人起業家だった私が、
ビジネスオーナーとして成長する
成功物語をお伝えできればと思います。

多くのネットビジネス起業家や、
情報発信者とは違う「ならでは」の情報を
私は常に発信していきます。

「やれプロダクトローンチだ、やれコミュニティだ!」

というのは、他の人にお任せして、
私にしかできない事をお伝えします。

少しでも、私の発信に興味を持ってくれたのなら、
ぜひ、メルマガに登録しておいてください。