<動画解説>満席セミナー集客!メルマガで不動産屋のセミナーを満席にする方法

[公開日]2017/09/28
[更新日]2017/09/29

先日の日曜日に妻・子供を連れて
「エリクソンの発達心理学を学ぶ」
という子育てセミナーに参加しました。

前置きがかなり長くなるんですが、
今回の記事のメインテーマは、
「残念な不動産屋のセミナーを満席にする方法」です。

集客に困っているという場合、
この記事は参考になるのでご覧くださいね。

・・・さて、長い前置きからスタートします。

初めて参加した子育てセミナーに参加した理由

このセミナーおもしろかったです!

講師の先生の話が上手でしたし、
とても勉強になりました。

セミナーで一番勉強になったのが、
“過保護と過干渉”の違いです。

ちょっと前の過保護のカホコという
ドラマが放送されていましたが、
講師の先生曰くあれは“過干渉”との事。

良い大人に成長させるためには、
どんどん過保護に育てなさいという事を
一貫しておっしゃっていました。

犯罪を起こす人の家庭をみると、
“過干渉”である事が多いようですし、
ものすごく勉強になりました。

私たち家族には2歳の子供がいるので、
どうやって育てていけばいいのか、
ものすごく勉強になる事ばかりでした。

例えば、怒ってはいけない3つ。

  • ご飯のとき
  • お風呂の時
  • 寝る時

この3つの時に子供を怒ると、
嫌になってしまうらしいです。

  • ご飯が嫌いになる
  • お風呂が嫌いになる
  • 寝るのが嫌になる

うちの子はご飯で遊ぶので、
ご飯を食べている時によく怒ってました。

こんな感じで、間違った子育てを
知らず知らずにしていたことに気付けただけでも
かなり価値のあるセミナーでした。

子育てセミナーを受けてみて、
これは親は全員受けるべきだ!と
本気で思えるいい内容でした。

・・・で!

ここから本題に入っていくので、
ぜひ、メモを取りながら見てくださいね。

今回のセミナーは、付き合いのある
不動産会社から誘われて参加したんです。

不動産会社のフロントエンドとバックエンド

高額商品を販売したい場合、
あなたならどうしますか?

今回の不動産会社の場合、「家」が商品です。

いきなり、飛び込み営業をして、
「家」書いませんか?と聞いて回っても
成約まで持っていくのは大変ですよね。

そこで、2ステップで考えていきます。

  • フロントエンド
  • バックエンド

という2ステップの考え方です。

接触回数を増やす事で、信頼してもらい
少額な買い物から高額な買い物につなげるわけです。

ネットビジネスもまったく同じですよね。

例えば、はじめはメルマガ教材から始まり、
信頼関係が生まれれば、コンサルティングにつながる、
という流れです。

今回の不動産会社の場合、
不動産・注文住宅を販売するために、
関連のある子育てセミナーを企画したわけです。

家を買うときって子供が生まれたりなどの
子育てに関連する事が多いですから。

まとめると、

  • フロントエンド:子育てセミナー
  • バックエンド:注文住宅

という構図になるわけです。

フロントエンドのセミナー参加者が多ければ、
その分、バックエンドも決まります。

肝心のセミナーの満足度も高く、
企画は成功だったと思います。

ただ、残念な事に、
このセミナーはガラガラという状態でした。

「有料だからじゃないですか?」
と思われそうですが、
完全に無料で参加できるんです。

もったいない。もったいない。

聞いてないのでわかりませんが、
DMも送ってないでしょうし、
メールも送っていないでしょう。

もったいない。もったいない。

企業や学校のコンサルをしている
かなり有名な先生が講師だったので、
経費も相当掛かっているはずです。

もったいない。もったいない。
もったいなさすぎる!

でも、こういう会社が多いんですよね。

だからこそ、私たちは力をつけていき、
中小企業にアプローチして、
コンサルティングすべきなんです。

では、どうやってセミナーを満席にするのか?
方法は非常にシンプルです。

ダイレクトレスポンスマーケティングを
実践する事です。

具体的には、はがきやDM、そしてメールです。

私たちが実践している
メルマガを取り入れていく事によって、
セミナーは満席にできます。

当然、家が売れる確率も
グーンと高める事ができます。

クライアントも稼げて喜んでくれるわけです。

メルマガでセミナーを満席にしよう!

さて、ここからは具体的な解決方法を
書いていこうと思います。

ポイントは連絡を取るという事です。

  • はがきなどのDM
  • メルマガ

この2つが最も簡単な方法です。

はがきやDMを使う

私がこの会社にコンサルをするのなら、
今すぐにはがきやDMを活用する事を伝えます。

すでに、顧客になっている家庭や
家を買わなかった見込み客のリストは
絶対に会社にたまっているはずです。

その顧客に向かってはがきやDMを送るんです。

家を買ってください!というわけではなく、
セミナー無料で開催するので来てください!なら
多くの人を動かす事ができますからね。

特に、家族構成がわかっているのなら、
子供がいる家庭にピンポイントで送る事で、
セミナーの参加者を増やす事ができます。

ちなみに、すでに家を建てた方にも送ります。

何かの拍子に会社の紹介をしてくれることもあるので、
接触頻度は高く保つ事ができればベストなのです。

後は、セミナーがいかに魅力的なのか?
という事をはがきやDMでアピールする事で、
満席になる確率はグッと高まります。

話がそれますが、私が経営している
エステサロンはポスティングに力を入れて、
毎月チラシを配布しています。

1度につき1000部配布するんですが、
大体5~7件のお問い合わせを頂ければ、
3名くらいご来店いただく事ができています。

単価が高いので、3組ご来店いただければ、
広告費をペイする事ができますし、
ほぼコース契約して頂く事ができます。

ネットの時代と言われていますが、
DMやチラシも侮る事はできません!

メールを使う

今だと、メールよりもLINEが主流ですが、
いい関係値を作るためにはメールがベストです。

セミナーの案内がLINEで何回も届くと、
単純にうっとうしいですからね。

話を戻しますが、家を建てる時に、
まず、ネットで情報を調べる方が多いはずです。

その時に、お客様のメールアドレスを取得し、
関係性を構築し、展示会や面談、
今回のようなセミナーに誘導していきます。

  1. HPやブログで会社を知ってもらう
  2. HPやブログ上でプレゼント用意する⇒メルマガリストを集める
  3. ステップメールを使って自動で教育
  4. 展示会・面談・セミナーに誘導する
  5. 対面でセールス

という、5つのフローを作る事で、
ネットからの申し込みが増やせます。

ネットの場合、一度仕組みを作ってしまえば、
後はリスト取りに力を入れていくだけで、
どんどん成約を増やしていく事ができます。

売れる流れを作る事ができれば、
Facebook広告やPPC広告を使って、
リスト取りをしていけば、どんどん稼げるんです。

しかし!

ネットの仕組みを作る事はおろか、
単純なはがきやDMすらやっていない会社ばかりです。

もったいないなーと思いながら、
セミナーに参加しておりました。

より具体的に動画で解説

という形です。

メルマガの可能性を知って頂ければ、
私もうれしいです。

メルマガは最強の武器です。
ぜひ、ビジネスにご活用くださいね。

メルマガの活用方法についてもっと深く知りたい!
という場合は、こちらの講座にご参加ください。


追伸=================

年間休日84日。
手取り給料13万円という最悪な環境。

自分の環境に絶望していた私が
ひょんなことから起業する事になる。

最悪な環境から起業した方法を
電子書籍+動画教材+メール講座で公開中!

現在も販売中の電子書籍&動画教材を
【期間限定で無料】プレゼントします!

年収が25倍になった男の起業ストーリー


\「いいね!」シェアをお願いします!/