仮想通貨の価値が暴落で!?仮想通貨投資で稼ぐ方法や保有するメリット

[公開日]2017/08/24

先日、名古屋のカフェに入った時、
あっちでもこっちでも
仮想通貨の勧誘?が行われていました。

Facebookを見ていても、
仮想通貨関連の広告が多いですし、
気になっている方も多いはず。

いわゆるネットビジネス関連のメールも
どこを見ても仮想通貨に関する情報が
どんどん飛び込んできている状態です。

その背景にあるのは、仮想通貨の価値が
ものすごい勢いで高まっているためです。

そこで、仮想通貨は買いで投資すべきなのか?
という事を含め、基礎から解説します。

仮想通貨とは?どんな通貨なのか?

ウィキから引用しますが

暗号通貨(あんごうつうか)とは、暗号理論を用いて取引の安全性の確保、およびその新たな発行の統制をする仮想通貨である。 暗号通貨は代替通貨のひとつであり、特にデジタル通貨のひとつでもある。 2009年にはビットコインが初めての分散化された暗号通貨として登場した。

との事。

わかりやすく一言で言うなら
ネット上のお金の事を言います。

呼び方も様々で

  • 仮想通貨
  • デジタル通貨
  • 暗号通貨

と呼ばれています。

ネット上のお金って事は、
「電子マネーと同じ?」と思いがちですが、
両者は全く異なります。

電子マネーと仮想通貨の違い

電子マネーは現金を預託(よたく)し、
その対価として発行されます。

電子マネーはお財布をイメージすると、
その意味が分かりやすいです。

電子マネーの発行企業にお金を預け、
支払う時に引き出しているだけです。

私は「manaca(マナカ)」という
名鉄の電子マネーを使う事が多いです。

manaca(マナカ)を例に解説します。

manaca(マナカ)は名鉄が管理する
お財布だとイメージしてください。

駅でmanacaにお金をチャージすると、
そのお金は名鉄が預かり、
その対価としてチャージするわけです。

仮にコンビニで買いモノをした場合、
後でまとめて名鉄に請求されて、
お金を支払っているだけなんです。

電子マネーに変えたとしても、
価値が増えていく事はありませんし、
電子マネーから現金への換金もできません。

現金があってはじめて使う事ができるので
電子マネーは、国や中央銀行に依存します。

ようは、お金を一時的に預けて、
カードで使えるようにしただけで、
お財布のような役割を果たしているという事です。

仮想通貨の最大の特徴

  • お金(法定通貨)との換金ができる
  • 特定の国家や銀行に依存しない
  • 技術で改ざんや不正を防いでいる

という大きく3つの特徴があります。

お金(法定通貨)との換金ができる

それでは、順番に見ていきましょう。

先ほど解説した電子マネーは、
各お金(円やドルなど)から電子マネーへ
変えることはできました。

しかし、電子マネーからお金へと
換金する事はできませんでした。

仮想通貨は、ネット上にある取引所で
法定通貨との換金が可能なのです。

仮想通貨⇒ドルや円へと換金できるため
今までになかった投資対象として
注目を集めているというわけです。

換金できる事以外に、他の通貨とは
決定的な違いがあります。

特定の国家や銀行に依存しない

これが仮想通貨と言われる最大の要因です。

電子マネーが国に依存している事に対し、
仮想通貨は特定の国家や
中央銀行に依存していません。

政府が発行している通貨ではないので、
国の担保が一切ありません。

国の担保がないって事は危険じゃないか!
と感じるかもしれませんが、
システムの安全性が担保になっているようです。

私はここがいまいち腑に落ちませんが、
安心できる技術力があるから
成り立っている通貨というわけです。

技術で改ざんや不正を防いでいる

ややこしいので詳しい解説は省きますが、
仮想通貨はブロックチェーン技術などの技術で
安全性が保たれ、担保されています。

そのため、システム上の欠陥があれば、
一気に価値が落ちるというわけです。

仮想通貨投資のメリット

仮想通貨の概要を紹介した所で、
購入・保有するメリットについて
お話していきます。

  • 特定の国家や銀行に依存しない
  • ドカンと価値が上昇する可能性が高い
  • 発行上限が決まっている

順番に見ていきます。

特定の国家や銀行に依存しない

これは、デメリットでもあり、
大きなメリットでもあります。

捉え方次第です。

国に依存しない事から
突然、お金が引き出せなくなる可能性は
限りなく低いと言えます。

また、取り扱いできるお店が増えれば
仮想通貨は海外でも使えます。

既存の通貨と違って、国に依存しないので
両替も必要ありません。

そのため、海外への送金もスムーズですし、
短時間で送金を完了させる事ができます。

また、銀行に依存しないため、
送金手数料がものすごく安いのです。

今後、世界全体で広がっていけば、
海外との取引で重宝される可能性は大いにあります。

ドカンと価値が上昇する可能性が高い

先ほどもご紹介しましたが、
仮想通貨は換金性が高いため、
新しい投資案件として注目されています。

そのため、投資対象として認知されて
購入者や購入したい人が増えれば
必然的に通貨の価値は上がります。

仮想通貨の代表格である
ビットコインは数年で数10万倍も
値上がりした実績があります。

これだけ値上がりする投資案件は
仮想通貨しかありえないでしょう。

発行上限が決まっている

基本的に仮想通貨は発行上限があり、
世に出回る通貨の量は決まっています。

通貨が大量に発行されて、インフレが発生し
通貨としての希少性が下がる事がありません。

そのため、普及する前に保有する事で
稼げると考えている方も多いです。

先ほどご紹介しましたが、
ビットコインは数年で数10万倍も
値上がりした実績があります。

仮想通貨投資のデメリット

例のごとく、箇条書きでご紹介し、
詳しく解説をしていきます。

  • 誰でも発行できるので、詐欺が横行している
  • 危険な取引所がある
  • 法整備が進んでいない

読んで頂ければわかりますが、
メリット以上にデメリットが大きく
かなり危険だなと感じました。

それでは、この3点の解説をします。

誰でも発行できるので、詐欺が横行している

独自の通貨を発行するだけなら
実は個人でも可能です。

これには、ちょっと驚きですよね。

そのため、普及させる目的じゃなく、
「独自のコインを発行して、今投資すると儲かるよ!」
という詐欺案件が横行しています。

冒頭で紹介したカフェで勧誘している
仮想通貨のMLMは基本詐欺でしょう。

仮想通貨に投資するなら、
一番信頼のおけるビットコインだけを
保有しておく事がベストだと思います。

それくらい、無数に仮想通貨があるので、
うますぎる話には食いつかない事です。

危険な取引所がある

通常の投資と言えば、株を想像しますが、
株は証券取引所が仲介していますよね。

国が定めた基準をクリアした会社しか
取引所として運営する事はできません。

法律で守られていて、ある程度信用もあります。

しかし、仮想通貨に限って言えば、基準はなく
運営ノウハウがあれば取引所は作れます。

そのため、ちょっとしたことで潰れて、
通貨が消失する危ない取引所も多くあるのです。

マウントゴックスの事件はこのパターンです。

法整備が進んでいない

これが私が手を出さない理由でもあります。

税金がかかるという方もいれば、
税金を払う必要はないという方もいます。

普通に考えて税金はかかるんですが、
その税率がどれだけになるのか、
いろいろと不透明なんですよね。

取れるところからきっちり取るので、
そこそこ高額な税率になるのでは?と思います。

大きく利益を出す人が増えた段階で、
ガッツリ税金を取られるのではないでしょうか。

また、株などと違い方が整備されていないので、
インサイダー取引が多いとの事です。

資金力がある起業家がシンジケートを作り、
ある仮想通貨に一気に投資をして
通貨の価値を高めて、一気に売る。

という事をしている方もいるそうです。

友人の起業家からの又聞きなので、
情報の真偽は不明ですが、
法律が整っていない今なら可能ですよね。

ちょっと前に、有名なYouTuberたちが
これと同じことをしていましたよね。

ある程度の資金と影響力があれば、
簡単に価格操作をする事ができるわけです。

うーーーん、危険だな。
カモにされちゃいますね。

仮想通貨の種類について

先ほどもお伝えしましたが、
個人でも仮想通貨の発行は可能です。

そのため、有名なビットコインから
聞いたことがないようなコインなど、
仮想通貨の種類は無数にあります。

基本はビットコインと
その他のコイン(アルトコイン)に分かれます。

通貨自体は誰でも発行できるので、
詐欺のような案件が多くなってきているので、
MLM化している背景もあります。

こわいこわい。

仮に私が保有するなら、ビットコイン一択ですね。
仮想通貨を保有するつもりはありませんが。

現状、ビットコインだけでも
激しく価値が上がっているので、
正直に買って保有するだけで稼げそうです。

他にも、デイトレードのように
価格が上がったら売りぬいたり。

長期保有で資産を増やしていったりなど、
トレードの方法はあなた次第です。

ただ、この異常な値上がりは素人の私でも
以上だと思えるほどなので、
いずれバブルは崩壊するでしょうね。

私が仮に購入するのなら、はじけた時ですね。

仮想通貨は稼げる!という情報にあおられて
勉強や吟味をせずに購入するのは、
本当に危険なので、やめておきましょう。

そのため、ビットコインなどの仮想通貨は
投資ではなく、投機に近いです。
ギャンブルというわけです。

私は、仮想通貨への投資はすすめませんが、
始めるぞ!という場合は、くれぐれも自己判断で。

まとめ

メールやLINE@でのお問い合わせが多く、
仮想通貨についてまとめました。

よくわからなかったのですが、
この記事を書く事で原理がわかり、
とてもすっきりしています。

と同時に、仮想通貨への投資は
今後もしないだろうと結論が出ました。

批判しているわけではありませんし、
稼げないというわけでもありません。

私には合わないと感じましたし、
リスクが大きく、ビジネスの方が堅実に
お金を増やす事ができると感じました。

価格が上がるという事は、
同時に価格が下がる可能性もあるので、
大損する可能性もあります。

1億円以上の資金があれば、
仮想通貨に限らず、投資をしてもいいと思いますが、
それ未満ならビジネスをする事が堅いです。

投資は自分の手で価値をコントロールできず、
プロ中のプロでもミスをして
損をする事があるわけです。

一方で、ビジネスの場合、
100%の成功は無いにしても、
成功する可能は非常に高いです。

今なら、ブログを書いて広告を張れば
誰だって堅実に稼ぐ事ができます。

他にも、Kindle出版をすれば、
最短3日で稼ぐ事もできるわけですよ。

稼げる可能性は非常に多くありますが、
資金に余裕がある方がやればいいと思います。

余裕がないのなら、稼げる仕組みを作り、
その後に、投資すればいいだけです。

今稼げるぞ!という情報にあおられず、
長期的に何をすべきか考える事がおすすめです。

追伸==================

年間休日84日。
手取り給料13万円という最悪な環境。

自分の環境に絶望していた私が
ひょんなことから起業する事になる。

最悪な環境から起業した方法を
電子書籍+動画教材+メール講座で公開中!

現在も販売中の電子書籍&動画教材を
【期間限定で無料】プレゼントします!

人生に絶望したけど年収が25倍になった男のストーリー