電子書籍&セミナー動画プレゼントキャンペーン

【実績公開】YouTubeから集客してステップメールで稼ぐ方法

fight-baby

[記事公開日]2014/09/30
[最終更新日]2016/06/09

YouTubeは優秀な集客媒体です。

YouTubeアドセンスだけで終わらせるのは、
本当にもったいないな、と思います。

私がおすすめする方法は、
YouTubeで見込み客を集客して、
ステップメールで稼ぐ方法です。

以前、こちらの記事でも
同じことをお伝えしていますが、
今回は、実績付きでお伝えします。

こちらの記事も読んでおいてください。

YouTube集客の可能性のデカさを
知っていただけると思います。

YouTubeを使って集客!検索結果の上位を独占して商品が自動で売れる仕組み

YouTubeから見込み客を集客!リスト取りをしてステップメールで稼ぐ方法

YouTubeを使って人気YouTuber以上に稼ぐ方法

私のネットビジネスの
メインテーマは、
仕組みを使って楽して稼ぐことです。

楽して稼ぐというと、語弊がありますが、
仕組みを作ることで
かなり楽になることは事実です。

仕組みを作っていくうえで、
自動で集客しなければいけません。

ブログは当然必要ですが、
YouTubeを組み合わせることで、
とんでもない結果が出せます。

どこから集客するのが一番いいのか?

集客媒体はいくつかありますが、
どこから集客するのかが重要です。

人を集めることができたとしても、
そこからの成約しなければ、
まったく意味がありませんからね。

今、私が試している
集客方法は以下の通りです。

  • ブログ
  • YouTube
  • Podcast

Twitterや、無料レポートは、
取り組んいるものの、
力は入れないないので除外します。

私が一番おすすめするのは、
やっぱり、ブログです。

ブログはいつの時代も強いので、
ちゃんと作りこみをすれば、
しっかり集客ができます。

しかし、集客できるまで
時間がかかってしまうのがネックです。

そこで、使いたいのが、
YouTubeです。

YouTube集客の即効性

先ほど紹介した記事の中で、
YouTubeの即効性について
書いている記事があります。

YouTubeから見込み客を集客!リスト取りをしてステップメールで稼ぐ方法

YouTubeは、グーグルの傘下で、
グーグルの方針で、動画を重視しているので、
検索結果にも上位表示されています。

さらに、検索結果に表示される
スピードもものすごく速いです。

私の今までの結果からみると、
最短で2日で表示されます。

購入意欲が高い見込み客が集まる

ステップメールで稼ぐためには、
購入する意識がある見込み客を
集めなければいけません。

物見遊山な人を集めても、
配信スタンドに負荷がかかるだけで、
1円の利益も生み出しません。

濃い見込み客を集めることが
できる事が稼ぐ条件なんですよ。

そこで、私が目を付けているのが、
ズバリYouTubeです。

その理由は、こちらの画像を
見ていただければお分かりいただけます。

infotop20140930

画像は、インフォトップのアフィリエイト報酬です。
この報酬は、すべてYouTube経由なんです。

購入後のアンケートでYouTubeから
私のことを知ってくださった事がわかっています。

私がやっぱことといえば、
YouTubeに動画を投稿し、あとは放置。

ずーっと待ち続けるだけで、
これだけの成果を出すことができています。

アフィリエイトしている教材は、
メルマガでも、ステップメールでも、
ブログでも一切告知していません。

しかも、今月の成約率は、
30%を超える異常な数値が出ていますからね。

20140930rate

高額商品というわけではありませんが、
なかなかすごいですよね。

つまり、YouTubeからの集客は
めちゃくちゃ濃い成約つながる
見込み客が集まるという事です。

私の得意分野のステップメールを
駆使していく事で、
かなり精度の高い
自動収益化システムが完成します。

今すぐアドセンスはやめろ!

YouTubeといえば、
YouTuberが有名ですよね。

ヒカキンさんなどの有名人は、
YouTubeアドセンスという広告収入で
ガッツリ稼ぐことができています。

しかし、アドセンスじゃなくって、
リストマーケティングをしていたら、
5倍以上は稼げるはずです。

YouTubeアドセンスは今すぐ辞めて、
YouTubeの集客に使った方が
大きく稼ぐことができます。

(YouTubeアドセンスが稼げる事は、
私自身体験していますが。)

YouTubeは集客に使って、
自動収益化システムを構築しましょう。