必要な装備

デュアルディスプレイの設定方法!導入のメリットとデメリット

更新日:

ついについに
デュアルディスプレイを
導入しました。

前々からいろいろな方の発信を見ていて、
自分の環境も変えたいと思っていましたが、
デュアルディスプレイにしました。

デュアルディスプレイを導入して
仕事効率を高めたいとお考えの方も
多くいらっしゃると思います。

あなたの考えは間違っていません!

デュアルディスプレイは
今すぐ導入すべきです。

今まではノートパソコンをメインに
仕事をしていましたが、
格段に作業効率が高まりました。

デュアルディスプレイを検討中の場合は、
ぜひ、参考にして頂きたいです。

  • デュアルディスプレイのメリット
  • デュアルディスプレイのデメリット
  • 私の使っているモニター
  • デュアルモニターの導入方法

などをお伝えしますので、
参考にして頂ければと思います。

デュアルディスプレイのメリット

こちらが私の自宅の作業環境です。
仕事場も同じような環境です。

以前はノートパソコンがメインでしたが
あまり外出する事もないので、
思い切ってデスクトップにしました。

どうせなら・・・という事で、
デュアルディスプレイにしたのです。

メリット1:圧倒的な作業効率化

デュアルディスプレイの
メリットの1つ目ですが、
仕事を効率よく進められる事です。

効率化の理由はものすごく単純で、
作業スペースが増えるからです。

例えば、資料を作る場合、
大きい机と小さい机
どちらがいいでしょうか?

言うまでもなく大きい机の方が
作業効率がいいわけです。

ディスプレイの大きさは
作業場の大きさです。

限度はありますが・・・
大きければ大きいほど、
作業効率は上がります。

メリット2:タブの切り替え回数が激減する

パソコンで作業を行う場合、
複数のソフトを立ち上げたり
タブを開く事が多いと思います。

例えば、インターネットを見ながら、
エクセルやワードを使って
データをまとめるなどです。

その場合、かなりの頻度で
ソフトを切り替えたり、
ブラウザのタブを切り替えます。

そのため、無駄なクリックが増え
作業効率が落ちてしまうんです。

タブの切り替えやクリック数の増加は、
作業の手を止める事になるので。
大きなストレスにつながりますよね。

私はなるべくタブを増やさないように、
集中できる環境を意識していますが
複数のタブを開く事が多いです。

タブの切り替えやソフトの切り替えが
ひんぱんに起こらないので、
作業効率が上がるというわけです。

メリット1も2も同じですね・・・。

最近のネットビジネス教材は
動画教材がメインです。

なので、

  • 1つのディスプレイで教材を見ながら
  • 2つ目のディスプレイで作業を進める

という事ができるのです。

私の場合、マインドマップを見ながら、
パワーポイントの資料を作ったりするので、
かなり作業がはかどっています。

特に複数のウインドウを立ち上げる場合、
速攻で導入したほうがいいです。

デュアルディスプレイのデメリット

デュアルディスプレイの
デメリットらしいデメリットは
今は特に感じません。

しいて言うのであれば、
目が疲れることですね。

今までに比べて、ディプレイが大きいので、
どうしても目が疲れてしまいます。

私の場合、1つ1つのモニターが、
思っていたより大きいため、
この点は失敗したな・・・と思います。

ただ、作業のストレスが
格段に減る事を考えると、
デメリットは気になりません。

メリットの方がはるかに大きいです。

デュアルディスプレイの環境

私が今、使っている
環境の写真を改めて公開します。

Dual-display

この環境を作るために用意したものは、
以下の通りです。

  • モニター2枚
  • HDHIケーブル
  • モニターアーム

必要なモノはこれだけですし、
4万円でおつりが来ます。

モニターから順番に見ていきます。

AOC 23インチモニター

モニターから紹介します。

  • AOC 23インチ AH-IPS低反射液晶モニター i2369VM AMV2369W0M-GP3R

というモニターを使っています。

このモニターを購入時の価格は
17,826円でした。

このモニターを2枚並べています。

ただ、23インチは大きすぎるので
21インチで問題ありません。

モニターのサイズを小さくすれば
購入価格も抑えられますから
個人的には21インチがおすすめです。

 

AOCのモニターを選んだ決め手は、
スタイリッシュなデザインです。

モニターフレームの下の
AOCのロゴがなければ、
Macのパソコンみたいですよね。

シンプルなデザインが好みの場合、
AOCはおすすめです。

画質もものすごくいいですし、
気になる部分は特にありません。

アマゾンのレビューを見てみると、
電源コードがぐらぐらで抜けるとみますが、
私のモニター2つは問題ありません。

2年以上使っていますが、
ケーブルが抜けたことは1度もありません。

デュアルディスプレイを作るためのケーブル

モニターを並べても、
本体にケーブルをつながないと、
デュアルディスプレイにはなりません。

特に設定は必要ありませんし、
モニターにあったケーブルを差し込むだけで、
デュアルディスプレイ化させれます。

Dual-display-002

出典:http://pasokatu.com/653

パソコン側とモニター側に
接続するケーブルは、
主に4種類に分けることができます。

画像で紹介している通りです。

私に場合、D-sub端子(アナログ)と
HDMI端子をつなげています。

HDMI端子のケーブルは、
モニターに付属していたので、
改めて買う必要はありません。

あとは、モニターとパソコンを
ケーブルでつなげれば、
デュアルディスプレイになります。

パソコンに強くありませんが、
5分程度の作業で完了しました。

モニターアームについて

モニターアームは
ものすごく悩みました。

エルゴロトロンが有名ですが、
高いですので躊躇しますが、
モニターの安定度は抜群です。

長く使うものです。

モニターとアームのがたつきは
ストレスにつながりますから、
いいものを選ぶ事をおすすめします。

できる限り安く抑えていきたかったので、
サンワダイレクトの商品を選びました。

 

  • サンワダイレクト モニターアーム 2台設置 デュアルモニターアーム ブラック 100-LA017

という商品です。

2年間使ってきてのレビューですが、
可もなく不可もなくという感じです。

特にストレスもかかりませんから、
いい商品だと思います。

まとめ

私レベルの環境であれば、
モニター2枚とケーブル、
モニターアームで完成します。

  • モニター2万円×2
  • モニターアーム8千円×1
  • ケーブル2千円

5万円でそろえられます。

ただ、個人的には23インチは
ちょっと大きいなと思うので
21インチがおすすめです。

21インチなら4万円で
すべてそろえられますよ!

5万円で作業効率が上がるのなら、
思い切って導入しましょう!

5万円分の稼ぎはすぐにでも
ペイする事ができます!

ぜひ、参考にして頂ければと思います。

CTA(メルマガ)

【無料】満足度★5の4,000円の講座が今だけ↓↓↓

シェアのお願い

\ボタンをクリックして記事をシェアしてください!/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
所 孝二郎

所 孝二郎

ウェブ集客やウェブセールスのうまくいく方法を発信しています。ブログやメルマガを資産化してデジタル不動産を日々構築中!

手取り13万円からの起業物語<全5話>

1

はじめまして。 ブログを見て頂き、ありがとうございます。 ブログ管理人の所孝二郎です。 珍しい苗字ですが、本名です。 少しだけ自己紹介をさせて頂きます。 最後に、プレゼントもあるので、 ゆっくりしてい ...

2

この記事を書いているのがちょうど日曜日。 日曜日のお昼過ぎくらいから、 体も精神的に重くなってきて、 会社を拒否するようになります。 会社に行きたくない! 多くのサラリーマンが思う事だと思うし、 この ...

3

仕事・会社に行きたくなくて 毎朝吐き気が止まらなかった私は、 ある対処法を考え付きます。 その対処法とは、会社に行かない事です。 言い換えれば会社に行かなくても 生活できる方法を手に入れる事でした。 ...

4

前回のブログストーリーを見てない場合、 こちらからご覧ください。 転売副業で死にかける!サラリーマンにおすすめの副業はこれだ! 前回のブログストーリーでは、 稼ぐために転売を始めたという事を お伝えし ...

5

今まで4話公開していきましたが、 ブログストーリーもこれで最終話です。 ストーリー1話でお伝えしましたが、 私はコンテンツビジネスを覚え、 1年で独立起業する事ができました。 リスクが少ないにも関わら ...

-必要な装備
-

Copyright© NOAの方舟 , 2018 All Rights Reserved.