外注化

【ブログ外注】超格安で記事を書いてもらうための方法

更新日:

この記事ではブログ記事の外注化の
方法についてまとめていきます。

真剣にブログ記事を書こうと思うと
どうしても2~3時間はかかります。

時間がかかるから継続できない・・・
という方が多くいると思います。

そんなブログの時間問題を
解決する方法が外注化
です。

特に、グーグルアドセンスに
取り組んでいる場合は、
記事の外注化をおすすめします。

ブログ記事を外注化するメリット

この記事の動画解説

このブログは外注化はせずに
すべて私が書いていますが、
他のアドセンスブログは基本外注化です。

外注ライターさんに記事を書いてもらい
誤字脱字をチェックしてコピペで投稿。
という流れを取っています。

やらしい表現ですが、
外注化を駆使する事によって
コピペで稼ぐ事ができます。

自分で書く方が記事の情報量などの
質の高い記事を書く事ができますが、
外注化にはそれ以上のメリットがあります。

外注化のメリット1:時間を生み出せる

アドセンス主体のブログの場合、
正直、誰が記事を書いても
アクセスを集める事は可能です。

キーワードさえ外さなければ
問題なくアクセスは集まってきます。

私が運営している趣味ブログは
基本的に外注ライターさんに
記事を納品して頂いています。

私がする事は、先ほどお伝えした通り
誤字脱字のチェックをして
コピペで投稿するだけです。

これだけで、毎月5万PV以上は
安定的にアクセスがあります。

記事をどんどん増やしているので
今後、アクセスはどんどん増えるでしょう。

外注ライターさんが書いた記事でも
こんな感じで収益は発生しています。

アドセンス収益が毎月1万円を超えたのでPV数や実践した事をまとめる

「グーグルアドセンス」の収益が 毎月1万円以上安定して 稼げるようになってきました。 1万円超えるまでにしてきた事を PVなどのデータと共にまとめます。 アドセンスを始めようと思っている方、 アドセン ...

続きを見る

アドセンスで稼ぐだけであれば
記事の質はそれほど重要ではないです。

必要な情報が最低限まとまっていれば
アクセスを集める事はできます。

外注化のメリット2:知識がなくても専門ブログが作れる

ブログ運営の最大のポイントは
継続して続ける事ができるか?です。

これは私が最も重視する点です。

自分の興味がない事を選ぶと
記事を書く事、リサーチなどが
だんだん重荷になってきます。

しかし、外注を活用すれば
自分が記事を書く必要がないので
継続していく事ができます。

例えば、男性であれば女性向けの
育児ブログを作っていく事って
ものすごく難しいと思います。

しかし、外注ライターさんが主婦で
子育て経験があれば生の声を拾いながら
専門的なブログを作る事ができます。

外注化のデメリット

「外注費用が掛かる」これだけです。

外注化を検討されているのなら
デメリットらしいデメリットはないです。

外注の指導の手間がかかるという
声を一部では聞きますが、
外注化マニュアルを用意すれば解決します。

※外注化マニュアルについては後述します。

ブログ記事を外注化する方法

外注化のメリットがわかった所で
実際に外注化を進めていきましょう。

私が利用している外注サイトは
2つしかありません。

この2つを利用しておけば、
外注化は進めていく事ができます。

他にも外注サイトはありますが、
お好みで使いしていけば大丈夫です。

個人的には費用が安くて
使い勝手が良かったのがこの2つ。

クラウドワークスの特徴

登録する

おすすめ度:

2012年にサービスを開始と、
他の外注サイトに比べると、
運営年数自体は若いです。

しかし、私は一番おすすめです。

登録者数も30万人以上ですし、
依頼総額も100億円以上。

テレビや日経新聞でも取り上げられる
ちゃんとしたサイトですから、
安心して利用する事ができます。

シンプルな内容から専門的な内容まで
幅広くお願いする事ができます。

クラウドワークスには
デザイン関係の依頼をする事が多い
です。

シュフティの特徴

登録する

おすすめ度:

名前の通り主婦の方が多く、
主婦に人気の外注サイトです。

ブログ記事は基本的に
シュフティメインです。

なんといっても安い。

外注費用を抑えたいのなら
私はシュフティをおすすめ
します。

ブログ記事の外注費の相場

気になりませんか?

記事の発注にもポイントがあって、
どういうお願いをするかで変わります。

外注費を下げるためのポイントは、
どう依頼するのか?です。

依頼方法を少しひねる事で、
記事単価も下げる事ができるんです。

ちなみに、私の場合ですが、
1500文字以上でまとめて頂きますが、
単価はたったの100円です。

1記事100円で書いてもらっています。

質の高い記事を書いてくれる方には、
500円を上限に報酬を徐々にアップさせ、
継続的に記事をお願いしています。

100円は少し特殊な例ですが
基本は500円前後
になると思います。

ブログ外注化のポイント

おそらくですが、外注を利用して
多くの方ががっかりすると思います。

お金払ってこんなもんなの・・・と。

あなたほどのレベルのライターは
なかなか出会えないでしょうし、
低単価で仕事をする事はありません。

しかし、こちらの満足度が低い理由は
発注側にも問題がある
のです。

指示する内容がふわふわしてて、
具体性に欠ける
んですね。

希望通りのものを欲しいのなら、
条件をしっかりと設定し、
相手に伝える事が重要です。

たったこれだけなんです。

外注化マニュアルを作り上げよう

外注さんは一般の方です。

アフィリエイトやブログに関して
特別な知識を持っていません。

だから、初心者の方でもできる
マニュアルを作っていきましょう。

あやふやな支持を出して、
迷わせてはいけません。

外注からの納品物の質を高める
唯一の方法がマニュアル作成です。

マニュアルを作っておくことで、
新規で外注を雇った場合も、
マニュアルを渡すだけでOK
です。

こちらが、特別な指導をしなくても、
同レベルの成果物ができます。

外注をサポートする手間も省けて
一石二鳥なのです。

うまく外注化を進めたいのなら、
必ずマニュアルを作りましょう!

マニュアル作りは面倒ですが、
ずっと使えるものですから。

私の場合、外注の申し込みがあった際
その時点でマニュアルをお見せして
できそうかどうかを判断して頂きます。

できそうだと感じてくれた方と
契約を進めていく形です。

外注への依頼方法

先ほど紹介したこちらの
クラウドソーシングで募集をします。

その後は、マニュアルを渡しして
記事を書いて頂きます。

その際に重要な事は
どんな「キーワード」で
記事を書いてもらうかという事です。

マニュアルを参考にして
「このキーワード」で記事を
書いてください。

という形でお願いすれば大丈夫です。

外注の注意点

募集の際に、コピペ禁止などの
禁止事項は記載しておきますが、
納品される事もあります。

コピペや激しいリライト記事の場合
グーグルからペナルティを受けるため
サイトの順位が圏外になる可能性も。

そのため、コピペチェックツールを
導入しておくことをおすすめ
します。

おすすめツール

まとめ

私たちスモールビジネスオーナーは
稼げる事に時間を使うべきです。

アドセンスがメインのブログであれば、
基本的に記事は外注で大丈夫。

ブログ運営はどうしても
マンパワーが必要になります。

稼げる事に注力するためにも
外注化で時間を作りましょう!

外注化、本当におすすめです。

CTA(メルマガ)

【無料】満足度★5の4,000円の講座が今だけ↓↓↓

シェアのお願い

\ボタンをクリックして記事をシェアしてください!/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
所 孝二郎

所 孝二郎

ウェブ集客やウェブセールスのうまくいく方法を発信しています。ブログやメルマガを資産化してデジタル不動産を日々構築中!

手取り13万円からの起業物語<全5話>

1

はじめまして。 ブログを見て頂き、ありがとうございます。 ブログ管理人の所孝二郎です。 珍しい苗字ですが、本名です。 少しだけ自己紹介をさせて頂きます。 最後に、プレゼントもあるので、 ゆっくりしてい ...

2

この記事を書いているのがちょうど日曜日。 日曜日のお昼過ぎくらいから、 体も精神的に重くなってきて、 会社を拒否するようになります。 会社に行きたくない! 多くのサラリーマンが思う事だと思うし、 この ...

3

仕事・会社に行きたくなくて 毎朝吐き気が止まらなかった私は、 ある対処法を考え付きます。 その対処法とは、会社に行かない事です。 言い換えれば会社に行かなくても 生活できる方法を手に入れる事でした。 ...

4

前回のブログストーリーを見てない場合、 こちらからご覧ください。 転売副業で死にかける!サラリーマンにおすすめの副業はこれだ! 前回のブログストーリーでは、 稼ぐために転売を始めたという事を お伝えし ...

5

今まで4話公開していきましたが、 ブログストーリーもこれで最終話です。 ストーリー1話でお伝えしましたが、 私はコンテンツビジネスを覚え、 1年で独立起業する事ができました。 リスクが少ないにも関わら ...

-外注化
-

Copyright© NOAの方舟 , 2018 All Rights Reserved.